オーガニックコスメの個人輸入を始める前に【関税の支払いなど】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人輸入のメリット

輸入には2つの方法があり個人輸入と代行輸入になります。個人輸入は海外ショッピングサイトなどから商品を個人で購入します。海外サイトから購入したほうが円高の影響で日本よりも安く購入できることがあります。日本未上陸のブランドや海外でしか手に入らないものを手に入れる事が出来るので魅力的です!個人輸入通関の時は輸入できる数と商品は限られますが、食品や薬に関しては手続きが免除されて商品に払う関税も商品代の60%に対して税を払います。一般通関より関税を払わなくて済むのその分安く上がります。

個人輸入のデメリット

輸入商品は日本で買うよりも安く手に入る場合の方が多いですが、毎日外貨為替は変動するので損をしてしまう事もあります。個人輸入の場合、何かトラブルが起きても自己責任になってしまうので注意が必要になります。ネットで注文するので、クレジットカードの不正利用だったり決済したのに商品が届かないなどのリスクもあります。個人輸入は安く手に入る&日本にない商品が手に入るメリットだけで他のデメリットやリスクの方が高いです。

海外から輸入するにあたって

海外のどこに国からどんな商品を日本に輸入するのかで必要な情報が決まってきます。海外から輸入する際はしっかり情報を確かめましょう!海外のサイトは英語もしくは別言語になるのでその読解力が必要になります。購入したものが間違っていたり、破損していたりすることもあるのでその際のクレームも個人でしなければいけません。また、ちゃんと理解していないのに購入してしまい多額の支払いを請求されることあるので要注意です!外貨為替は毎日変わるので毎日のチェックが必要になります。

関税について

商品が海外から届き日本に入ってくるときに必ず通る場所が税関です。税関では3つの費用が掛かる場合があります。関税、消費税、通関手数料です。商品の値段や数によって費用がかかる時とかからない時があります。個人輸入の場合は商品代金の60%が課税対象になります。なので商品価格16,666円以下であれば免税になります。それ以上の値段になると関税+消費税も掛かり、さらに通関手数料200円まで取られてしまいます。商品価格16,666円以下であっても、皮製品、バッグ、ニット製衣類、靴、食肉製品は課税対象になる可能性があります。商品の中には本、CD、DVD、ブルーレイなど税が取られないものも存在します。

輸入禁止商品とは?

日本に商品を輸入するにあたって日本に輸入できない商品も中にはあるでリストチェックが重要です。輸入禁止リストには麻薬などのドラッグ物、児童ポルノ、海賊版の商品、偽札、爆発物です。輸入が規制されているリストには生きている動物、漢方薬、象牙、毛皮、はく製、標本などがあります。日本にとって害があるものを輸入させない為に税関があります。決して税金を取るだけじゃありません。麻薬関連の事件が最近多い日本では輸入に対してもっと厳しく取り締まった方がいいという声もあります。

輸入代行サービスについて

個人輸入が心配という方には輸入代行サービスを行っている業者に頼むのが一番です!代わりに商品を注文、受け取り、希望の届け先まで商品を発送してくれるます。なにかトラブルがあっても代わりに対応してくれるし、英語も出来なくてOKだから安心です(^^)/ ただし個人輸入よりもお金がかかります。商品代金+海外国内配送料+サービス料と割高です。さらに検疫で引っかかる商品を購入した場合はもう少しお金が必要になってきます。しかし、リスクや面倒をお金で解決するという考え方も出来るのでそういう考えの方にはおススメです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PAGE TOP