日焼け止めパウダーで紫外線対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日焼け止めクリームだけでは不安!パウダーでも紫外線対策をしたい!

-日焼け止めパウダーとは?

今年も新しい紫外線対策用アイテムが続々と出てきました!
日焼け止めといえばぬるタイプが一般的ですが、最近ではパウダーで紫外線を防止できる日焼け止めがさらに効果を上げて出てきました。日焼け止め特有のベタつきもなく、メイクの後にさっと付けれる手軽さが人気です。化粧崩れを防いでくれる効果もあります。さらに顔にも体に付けることも出来るので重宝しそう!今年はサラサラパウダーで紫外線対策をしてみませんか?

-どうやって使うの?

いつものメイクの仕上げにさっとパウダーをのせたら、それだけで紫外線対策をしてくれます。リキットファンデーション、ウォーターファンデーションなど水分量の多いファンデーションと相性抜群です!ルースパウダーの代わりに紫外線対策用パウダーを使うと効率的です。パウダーなのでパフかブラシで肌にのせていきますが、パフを使った方が肌への密着性が高いのでおススメします。サラサラ肌になれてさらに紫外線対策も出来るなんて最高です!紫外線が強い日中に出かける場合は日焼け止めクリームとパウダーで紫外線をダブルブロックで日焼けの心配無用です。忘れがちな首元にもさっとパウダーを塗ってお出かけしてください!

-ぬり直しってできるの?

汗や皮脂でメイクが崩れてきてしまった時もメイク直しと一緒に紫外線対策用パウダーを使ってください。パウダーなので何時でもどこでもさっと付け直しが可能です。中には暑さで火照った肌をクールダウンさせてくれる効果がある紫外線対策用パウダーがあります。そういったクールダウン効果が付いているパウダーは暑い日の需品になりそうです。

-どんな成分が入っているの?

紫外線対策用パウダーはブランドによって配合されている成分が違ってきます。その為、効果も変わってきます。紫外線対策用パウダーにSPFは高いもので50+がありロングUVAを防止するPAは+4つが最高です。紫外線対策用パウダーが出始めたころの商品はSPFが高かったり紫外線吸収剤が配合されたものだと、肌が乾燥してしまう悪評がありました。しかし最近ではミネラルが配合され、紫外線吸収剤不使用でお肌の負担を減らす紫外線対策用パウダーが増えてきました。さらに石鹸だけで洗い流せるものまで発売されているので、乾燥肌の方も使用OKですね!

-どんな種類があるの?

紫外線対策用パウダーには大きく分けて2つの種類があります。持ち運び便利なプレストタイプと細かいパウダー状のルースパウダータイプです。プレストタイプは主にパフを使って肌にのせていきます。しっかり肌にパウダーを密着させて紫外線を防止したい方はこちらをおススメします。ルースパウダーはブラシを使って肌にのせていきます。ブラシだと少々パウダーの密着度が低くなるのでルースパウダーにもパフを使えばプレストタイプと同じぐらいの紫外線を防止する効果はあります!
 
-どんな人におすすめ?

ぬるタイプの日焼け止めのベタ付き感が嫌な方やもっと楽に紫外線対策をしたい方に紫外線対策用パウダーをおススメします。メイク後にさっと顔にのせるだけなので時短にもなります。お出かけ先でさっと直すこともできますし、パウダーなので重ねぬりをしてもムラになりません!

-どんな人におすすめしない?

ファンデーションを塗ってから紫外線対策用パウダーをのせるので、メイクの厚塗りが苦手な人にはおススメしません。しかし強い紫外線を防止するためには、多少厚塗り気味でないと紫外線を防止することはできません。そういう方は化粧下地にクリームタイプの日焼け止めをおススメします。
パウダーファンデーションのあとに紫外線対策用パウダーをのせると乾燥しやすくなるので乾燥肌の方にはおススメできません。

-紫外線対策用パウダーの商品とそのクチコミはどう?

エトヴォスのミネラルUVパウダーSPF50でPA++++が人気を集めています。その理由はメイクアップ後のツヤやテカリを抑えて陶器のような肌になる、SPF効果も高いしブルーライトも防止してくれる優れものなど、多数の良いクチコミを発見しました!

ビューティフルスキンのミネラルフィニッシングパウダー サンプロテクションも高評価でした。SPF40 PA+++で標準の紫外線防止効果ですが、汗をかいても崩れなかった、崩れたとしても汚くならない、乾燥肌だけど乾燥しなかったなどのクチコミがありました。皮膚科の先生が開発した紫外線対策用パウダーで紫外線吸収剤フリー、アルコールフリーなので敏感肌の方も使用できるそうです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PAGE TOP